ケイ酸含有苦土肥料マインマグシリーズ 苦土肥料マインマグのご入金方法は銀行振込みのみとなります

マインマグ施肥の実例

水稲の実例

・平成25年度 水稲 良く溶けるケイ酸と苦土の肥料マインマグシリーズ施用実績

25年水稲収量

25水稲食味

圃場 品種 施用資材 施用量 施用時期 施用効果(ユーザ様のご評価)
青森県 つがるロマン マインマグC 30kg/10a 基肥 一番収量がとれない田んぼにマインマグを使用。収量が一番取れる田んぼになった。
岩手県 ヒトメボレ マインマグC 45kg/10a 基肥 対照区水マグ3袋よりも、マインマグ区の方がいもちの発生少なく倒伏少なかった。
宮城県 コシヒカリ マインマグN 30kg/10a 追肥 マインマグ施用区の水稲は、過去最高の食味値が出た。
宮城県 ササニシキ マインマグC 30kg/10a 基肥 マインマグ区は収量が多く取れ、品質も良かった。県の測定機関に出しているが、県内で一番の成績だった。
山形県 コシヒカリ マインマグC 30kg/10a 基肥 他社苦土肥料よりマインマグ区の方が収量が多く取れた。
山形県 コシヒカリ マインマグC 45kg/10a 追肥 いつまでたっても2-3株から増えないような、生育が極端に悪い水稲にマインマグを施用したところ、すぐに分けつが増えた。マインマグのケイ酸がすぐに効くと確信した。
山形県 つや姫 マインマグC 30kg/10a 追肥 マインマグ区は0.5俵増収。また食べてみておいしいと実感。
福島県 コシヒカリ マインマグN 30+30kg/10a
基肥
+
追肥
マインマグ区は9俵近くとれながらまずまずの点数。水稲の収量と食味を両立できた。
栃木県 コシヒカリ マインマグC 30kg/10a 基肥 マインマグ施用により食味が上がり、倒伏もしなかった。
栃木県 コシヒカリ マインマグN 30kg/10a 追肥 マインマグを使用したところの米がおいしくなったと実感できた。
茨城県 コシヒカリ マインマグC 30kg/10a 追肥 マインマグ施肥区は今までと味が変わりおいしくなったと実感している。
埼玉県 コシヒカリ マインマグC 30kg/10a 基肥 マインマグを使い始めたら、今年はお米を買ったお客さんからおいしいと複数名に言われた。
千葉県 コシヒカリ マインマグC 30+15kg/10a
基肥
+
追肥
マインマグ施用区を出品、町のお米コンテストで1位の食味値。食味向上の結果に満足。
千葉県 コシヒカリ マインマグC 30kg/10a 基肥 マインマグ区は収量増、食味は家族で食べてみておいしいので満足している。
千葉県 コシヒカリ マインマグC 30kg/10a 追肥 マインマグ施用区は全圃場の中で一番の食味値となり、効果を確認しているとのこと。
千葉県 コシヒカリ マインマグC 45kg/10a 基肥 マインマグ施用により、毎年必ずいもち病が発生する圃場でいもち病が発生しなかった。
千葉県 ふさこがね マインマグC 30kg/10a 追肥 13俵と収量が増えた。また水稲が硬くなり倒伏はなかった。
千葉県 コシヒカリ マインマグC 30kg/10a 追肥 マインマグ施用により収量が取れ、米の味も良く満足している。
千葉県 コシヒカリ マインマグC 30kg/10a 基肥 全体的に倒伏したが収量が9.5俵と増えた。マインマグ区は特によく取れた。
千葉県 ミルキークイーン マインマグC 30kg/10a 追肥 まわりが倒伏だらけの中、マインマグ区の水稲は倒伏が少なかった。茎が硬いのを実感。




・平成24年度 水稲 良く溶けるケイ酸と苦土の肥料マインマグシリーズ施用実績

24年度水稲データ1

24年度水稲データ2食味向上

※タンパク、アミロース低いほど食味高い

23年水稲(収量アップ)

23年水稲北海道の施用比較
23年水稲収量調査結果
栽培品種ゆめぴりかななつぼしきらら397
施用資材マインマグC (30kg/10a)
用法追肥基肥基肥
【施用効果】
・マインマグ施用区は水稲の丈が高く、倒伏することなく生育した。
・マインマグ施用区は、対照区と比べて、10~40%程度収量が増加した。

23年水稲食味

※低いほど食味高い

マインマグC施用区 対照区

23年水稲タンパク比較表

【施用効果】
・マインマグの施用により苦土が上手に供給され、各地の水稲栽培において、米の食味の指標であるタンパク含量が低下することが確認された。
・マインマグは良食味米の生産に寄与することが実証された。 <br>

23年水稲 山田錦(耐伏状性の向上) 平成23年

マインマグC施用区 対照区

【施用効果】
長稈で倒れやすいとされる山田錦の栽培圃場において、マインマグ施用区は、収穫時まで、倒伏することなく 生育した。
◇施用資材:マインマグN(追肥)施用量;30㎏/10a <br>

23年マインマグユーザー様ご評価)

地域 栽培品種 施用資材 施用方法 施用量
(10a当り)
ユーザー様の声
長野県 こしひかり マインマグC 基肥 30㎏ 毎年、倒伏するところが、今年は倒伏しませんでした。 
新潟県 こしひかり マインマグN 基肥 30㎏ 稲の姿が、U字型になっており、根の張りは良いことが考えられます。
稲姿が非常に良くなっていました。
兵庫県 ひのひかり マインマグC 基肥 30㎏ 稲の背丈が使っているところは伸びており、生育性に勢いを感じます。
新潟県 こしひかり マインマグN 基肥 30㎏ 茎をつかめば、しっかりとした茎になっていることが良く分かります。
追肥 15㎏ 実りが良い状態で倒伏が懸念されるところですが、安心できる水稲の姿でした。
静岡県 きぬひかり マインマグN 追肥 30㎏ 追肥で使いましたが、施肥後10日ぐらいで、生育性の差が出てきていました。
三重県 こしひかり マインマグC 元肥 30㎏ マインマグCを使ったお米は、食味が上がり、家族も今年のお米は甘いと分かるくらいの差が出ていました。
徳島県 あわみのり マインマグN 追肥 30㎏ 分株が良好でした。他の田と比較しても2倍ぐらい株が張っている印象がありました。
北海道 おぼろづき マインマグC 基肥 30㎏ 地元北海道産のケイ酸含有の苦土肥料は水稲のいもち病対策、耐倒伏性効果期待。
昨年より使用しているが、病気倒伏無く、順調。約10%の収量増となりました。
北海道 かぜのこもち マインマグN 元肥 30㎏ JAS有機の良食味米を生産しているが、従来中国製の肥料使用。日本産のJAS有機に使用できる
苦土肥料は少なく、しかもケイ酸含有の特徴あるのがうれしい。今後も使用していきたい。
北海道 ゆめぴりか マインマグC 基肥 45㎏ 昨年いもち病発生したが、本年は良好。かつ、マインマグC使用品は収量増でした。
タンパク含量低減効果(食味向上)も期待しています。
北海道 ゆめぴりか
きらら397
マインマグC 基肥 45㎏ 苦土不足の土壌診断の結果、マインマグをJAS有機と一般品に使用。
タンパク含量低減効果(食味向上)も期待し、今後も使用していきたい。
三重県 こしひかり マインマグW 追肥 30㎏ 台風で倒れかけた稲が起き上がった(初めての経験)。
食味も良好で来年は基肥で使用したい。

ケイ酸含有苦土肥料マインマグ実例(水稲)食味向上等

22年水稲耐病害性写真

22年水稲マインマグC施用区 対照区

マインマグの施用効果
いもち病の抑制

対照区は、いもち病の発生が広範囲に認められたが、マインマグ施用区では、発生が認められなかった。

マインマグC対照区

22年水稲 食味向上

※低いほど食味が高い22年水稲タンパク含量


マインマグの施用効果
食味向上

平成21年と同様、今年も食味の指標であるたんぱく含有の低下(食味向上)が確認された。

マインマグ品種:マインマグC

施用量:20~45kg/a

施用法:基肥・追肥

22年水稲 増収効果

22年水稲 増収効果

マインマグの施用効果
収量の増加

マインマグの施用により、圃場による違いはあるが、収量が増える傾向が認められる。

21年水稲 食味向上

※低いほど食味高い

21年水稲 タンパク含量(食味)

マインマグの施用効果
食味の向上(低タンパク化)

マインマグの施用によって、地域によって違いはあるもの、対照区よりタンパク含量が低下する(食味向上する)ことが確認された。

【タンパク含量が下がるとどうなるの?】 →食味が上がります!

米粒のタンパク含量が下がると、炊飯後に米の粘りが強くなり、ご飯が美味しくなります。タンパク含量は米の食味の指標であり、米の食味品質を決める要素の一つとなっています。

22年水稲 耐倒伏性

22年マインマグC(倒伏なし)

22年対照区(倒伏あり)
マインマグC(倒伏なし)対照区(倒伏あり)

マインマグの施用効果
耐倒伏性の向上

ケイ酸肥料の使用により茎や葉が丈夫になることで、水稲は倒れにくくなる。(耐倒伏性が向上)稲が倒れることなく、真直ぐに伸びると、苦土による光合成の効果がさらに上がり、生育が促進される。

マインマグの施用効果
(ユーザー様ご評価)

水稲の硬さに明らかな差異が認められた。


マインマグは良く溶けるケイ酸と苦土の相乗効果で、水稲の良好な生育を促します。


ケイ酸は水稲の分けつ数の向上・倒伏の軽減に対して効果を発揮し

苦土は水稲の登熟に作用しお米が美味しくなるとされています。


ぜひ、水稲栽培に、マインマグシリーズをお使いください。

商品カテゴリ

   ↓TOPページへ戻る↓

ケイ酸と苦土肥料マインマグ

ミネラル肥料マインマグ

普通肥料と言うと窒素、リン酸、カリの3つですが、それ以外の成分も健全な生育には不可欠です。マインマグは、苦土、ケイ酸を主成分とした総合ミネラル肥料です。マインマグであなたの大事な作物を元気にします。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 受注のみ

提携している運送会社と相談の上、21日からの配送となります。
お急ぎの方には大変申し訳ございませんが、ご不便をおかけする事、申し訳ございません。

ページトップへ