ケイ酸含有苦土肥料マインマグシリーズ 苦土肥料マインマグのご入金方法は銀行振込みのみとなります

マインマグの特長

2つの特長

マインマグシリーズの特長・用法

特長1 水に良く溶けるケイ酸

肥料に含まれるケイ酸が有効に働くかどうかは、水に対する溶解性の大小によって決まります。
ケイ酸は、通常、ケイ素原子Siと酸素原子Oが、3次元に多数連なった大きな分子になって いますが、水に溶けて作物に吸収されるためには、オルトケイ酸(Si(OH)4)と呼ばれる小さな 分子になることが必要です。
マインマグシリーズは、独自の技術によって、ケイ酸が、土壌中で、小さな分子になるように 加工しているため、水に溶けやすく、ケイ酸が良く効きます。

ケイ酸イメージ更新

マインマグシリーズは、独自の技術によって、ケイ酸が土壌中で小さな分子に分解し易くなるよう加工しているため、水に溶けやすく、ケイ酸が良く効きます。

【水溶性ケイ酸の比較(水-陽イオン交換樹脂法準拠】

加藤法

【マインマグシリーズのケイ酸】
ケイ酸を含む代表的な肥料である「ケイカル」(弱酸性で溶解)や中性付近での水溶性に定評のある「シリカゲル」等と比較して、「マインマグ」のケイ酸は水に対する溶解性が優れている。
マインマグと同様にケイ酸や苦土を含む肥料でも、殆ど溶解しない資材もある。

特長2豊富なミネラル
マインマグシリーズは、水に良く溶けるケイ酸に加え、苦土や作物の生育に必要な多種の微量要素を含んでいます。苦土は、葉緑素を構成する元素で、糖や脂質の生産を向上、リン酸の吸収を促進する働きを持ち、苦土が存在することによってケイ酸の効果も高まると言われています。また、農地土壌の現況はリン酸やカリが過剰に蓄積し、塩基バランスの崩れが指摘されており、苦土の施用を必要とする土壌が増えています。更に、鉄、マンガン、ほう素等の微量要素は、葉緑素の形成に関与し、植物体内の様々な生理機能の向上を担っています。
マインマグシリーズは、これらミネラルの相乗効果によって、光合成の増進と共に植物体内の酵素の働きを活性化し、作物の生育促進と品質向上に役立ちます。

豊富なミネラル 苦土 ケイ酸 鉄 マンガン ほう素 亜鉛 銅 モリブデン

【マインマグに含まれるミネラル】
マインマグには、主成分の苦土、ケイ酸の他、作物の生育に必要な多種のミネラルを含んでおり、光合成の増進とともに植物体内の酵素の働きを活性化させ、生育促進と品質向上に有効です。

商品カテゴリ

   ↓TOPページへ戻る↓

ケイ酸と苦土肥料マインマグ

ミネラル肥料マインマグ

普通肥料と言うと窒素、リン酸、カリの3つですが、それ以外の成分も健全な生育には不可欠です。マインマグは、苦土、ケイ酸を主成分とした総合ミネラル肥料です。マインマグであなたの大事な作物を元気にします。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 受注のみ

ページトップへ